american life shop tiger's brothers

  • store
  • menu

blog

2016.05.16NIGELCABOURN-WW2MILITARY SHOE LOW TOP

こんにちは!

今回、僕が一番楽しみにしていた商品のご紹介します!

「NIGEL CABOURN」
【WW2 MILITARY SHOES LOW TOP】
size6.5(25cm)7.5(26cm)8.5(27cm)9.5(28cm)
¥15000+TAX (ECUR/NAVYの2色展開)

NIGELCABOURNオリジナルミリタリーシューズ
第2次世界大戦当時のミリタリートレーニングシューズをイメージした、シューズ。

シューズデザインは、爪先部分にボリュームを持たせ、ゆったりした心地の良いはき心地を生み出しています。

140年余りの歴史を持つジャパンブランド「ムーンスター」に依頼し、生産は生ゴムに硫化を加え、熱反応により、ソールとアッパーを接着させるという手間を要するヴァルカナイズ製法によって作られています。
ヴァルカナイズ製法は国内で採用しているメーカーも僅かであり、その製法が生み出す、しなやかで丈夫な仕上がりと美し風合いが特徴です。
また、はき心地を決める木型(ラスト)はムーンスターの歴史とも言える26万人の足型を測定したデーターから製作した木型を使用しているので、はき心地が良く、足にしっかりフィットするので、長時間歩いても、疲れにくく足の負担も軽減してくれます。

さて、先ほどから「ヴァルカナイズ製法」と言っていましたが、ここでヴァルカナイズ製法について、ご説明します。
「ヴァルカナイズ製法」
ヴァルカナイズとは昔からデザインが変わらない
いわゆる「ローテクスニーカー」と呼ばれ、ヴァルカナイズ製法で有名なのはVANSやコンバースをイメージしていただいたら方が分かりやすいと思います。

ヴァルカナイズ製法はとても古い製造方法でスニーカー本体とソールの間にまだ固まっていないゴム(未加硫ゴム)をはさみ、特殊な釜に入れ高温で圧力を加えながら硫黄などの加硫剤を加えゴムの硬化させていく製造方法です。
この製法により素材の異なるキャンパスとゴム底が強力に圧着され、しっかり一体化させることを実現しているのです。
接着剤でゴム底を張り合わせるよりも、しなやかで軽くて、そして剥がれにくいという特徴があります。

この製造時にスニーカー本体とゴム底の境目の補強のためラバーテープが巻かれ、横方向の動きにも耐久性を持たせており、このラバーテープがヴァルカナイズ製法によって作られたスニーカーのアイデンティティにもなっています。

キャンパス生地もこだわっています!

NAVY

NAVYは第1次世界大戦時に英国陸軍が使用していたバックのそざいからインスパイアされた「ヘビーオックスファブリック」を使用。
ヘビーオックスファブリックとは極太の綿糸を2本引きに揃えて、縦糸横糸に用い密度の限界まで打ち込みを入れる事によってヘビーディーティな素材に仕上がっています。極太の糸を密度の限界まで打ち込んでいるので強度があり、またNAVYはインディゴ染めしているので長年着用によるエイジングもお楽しみいただけると思います。

ECUR

ECURは「余計な手を加えない帆布の風合い」にこだわり、50年代の帆布にインスパイアされたECURは旧式のリング紡績で数種類の原料をブレンドし、日本に数台しかない重力織機で製織されたオリジナル帆布を使用しています。
本ファブリック製織後何も手を加えられてない生機を使用しています。
この生地を織り上げている重力織機は縦糸のノリ付けが不要で高密度に製織摺ることのできる貴重な織機のため生機での使用が実現しています。
生機とは、布生地の染加工する前の布生地で天然繊維の場合は、その天然繊維の色をしているので、独特な風合いが楽しめると思います。

着用画像でもわかるように細身のスラックスでも、バランスがしっかりとれていて暗めの色とECURの色が良いバランスですね。

こちらはNAVYです。

明るいグリーン系の色としっかりバランスがとれていて、NAVYはインディゴ染めしているので今後も色の変化が期待できます。
ECUR/NAVY共にサイズ感は少し大きめなので、ワンサイズ下げていただいても良いかもしれません!
どちらも良いお色なので迷ってしまいますよね!

気になりましたら、是非是非一度店頭に来ていただいて、見て、手に取って、履いて良さを感じてください。

よろしくお願いします。

2016.05.11WHEELROBE経年変化

こんにちは!
スタッフ森本です!

今回は「WHEELROBE」の経年変化のご紹介します!
新品の革のシワのつき方や色の変化がイメージしにくいという方が多いので、今回は僕森本とスタッフ執行さんのWHEELROBEをご紹介します。
お互い9ヶ月使用していますので新品と比べだいぶ雰囲気も変わりました!

まずは執行さんの靴から!
「WHEELROBE-MOC OXFORD」(BROWN)9ヶ月使用

新品

9ヶ月使用

色もBROWNなので少し色が濃くなり、若干つま先に皺も入りました!
クロムエクセルなので革も柔らかく、綺麗な皺が入っていますね!

新品と比べると若干ですが、色の変化もして艶もいい感じに出てますね。
横幅と履き口が伸びて馴染んでいますね!

 

次は森本の靴
「WHEELROBE-PLAIN TOE BLUCHER」(BLACK)9ヶ月使用

新品

9ヶ月使用

色はBLACKなので色の変化はないですが、艶がBLACK特有な艶が出てきて、シワは接客でしゃが
むことが多いのでがっつりつま先に皺がついてます。

こちらも新品と比べると、皺のつき具合や艶の出方がしっかり分かります。
そして履き始めは少し圧迫感がありましたが革もだいぶ柔らかくなり、今でははき心地も良く、足にしっかりフィットしています。

今回、WHEELROBEから初めてツヤ出しクリームがリリースされました!
「SHOE CREAM」(NEUTRAL)¥1200+TAX

コロンブス社と共同開発しており、乳化性の液体に近いサラサラとした質感なので伸びも良く革本来の艶を出してくれます。
クロムエクセル専用ですが、カーフやコードバンにも使えます!
撮影前に使用しましたが、液体に近いので少しの量で伸びてくれて、乾拭きでかなり艶がでて非常に使いやしいアイテムだと思います!
WHEELROBEをお持ちの方はもちろん、これからご購入を検討されている方は一緒にいかがでしょうか?

これから、新作はもちろん!
スタッフの私物の経年変化もどんどん紹介していきますので、楽しみにしていてください!

2016.03.14NIGELCABOURN-16S/S SHIRT!

こんにちは!
スタッフ森本です。

今回は「NIGEL CABOURN」から16S/Sのシャツが入荷しましたのでご紹介します。

BRITISH OFFICERS SHIRT PINOINT OX
¥18000+TAX

1940年代英国陸軍によって軍用され士官用をベースにしたデザインです。
大きな特徴は第5ボタン位置で終わった前タテ、その位置からゆるやかにカーブを描きつつふくらむ前身頃です。

 前タテをもたない第6ボタンの強度不足を補うため、わざわざ裏側から四角いガゼットが充てられています。表地と見返しに挟まれて表・裏ねいずれからも視認することはできませんが、数年を超える長期間の着用には欠かせないパーツになっており、当時のスタイルは当然パンツインが当たり前でしたので、激しい動きをしてもパンツからスソが飛び出して乱れぬように考えられたデザインです。

そして、衿は隠しボタンになっております。

一般的には剣先にボタンが露出したいわゆるオックスフォードシャツのボタンダウンが有名です。最初に販売したのは、合衆国のメーカー。当時はポロ・カラーという名称でした。その名の通りポロ競技をイメージしたスポーティーなシャツとして製品化したわけです。

しかし、スポーティーでカジュアルなシャツですが、隠しボタンにすることでボタンダウン本来の機能を活かしながら、ドレッシーな仕様になっとおります。
そしてボタンもこたわっております。

基本シャツのボタンはプラスチックボタンが多いと思われます。

しかし、NIGELCABOURNのシャツのボタンはシェルボタンを採用しています。
貝ボタンの特徴は真珠と同様に複雑で美しい光沢を持ち、装飾性が高いので、古くからボタンの材料として利用されています。
生地も春夏らしい薄くて頑丈ですが、肌触りの良い生地を使用しています。

オックスフォードの定義は、経、緯の両方、あるいはいずれかがひきそろえてあること。平織の最も単純な組織は、経、緯ともに一本交互に交差するものです。経緯が同番手の場合、それぞれ白、黒に着色して拡大すると市松模様のような見え方になります。引き揃えはどちらの糸が複数並行して走ります。

本ファブリックは経がコーマ40番単糸の2引き揃え、緯が80番という細番の双を3本引き揃えたものです。この設計に行き着く前には、番手の選択、引き揃え本数の試行錯誤が長時間ありました。細番の糸による構成により、生地は格段に薄くなり、夏に相応しいシャツになりました。

本当に一つ一つ細かいところまでこだわり、ヴィンテージの原型を残しつつ、色々な服装にも使える、素晴らしいシャツですので、気になりましたら是非一度御来店して頂き、実際に、広げて、袖を通してみてください。

2016.03.12GOOD ON 別注スウェット

こんにちは!
スタッフ森本です。

最近暖かくなったり寒くなったり、なかなか春物が着にくい時期ですね。

今日ご紹介する商品は今の時期は勿論、これから暖かくなっていく時期でも大活躍してくれる「GOOD ON」の春スウェットのご紹介です。

しかも、今回は別注モデルのご紹介です!

まずはブランド説明から
「GOOD ON」
AMERICAが大量消費時代に入る以前の衣料品店は、生地・縫製はどの国よりも優れていて、現在でも古着として価値のあるものが多い。
質より量を求めるアメリカの現状において、こだわった物づくりに対して熱くなってくれる工場(マニファクチャ-)や生地屋は存在するのだろうか?
これらの難題を解決する事から、Good Onの製作は1997年にスタート。肌に優しく強い高品質のアメリカ綿を使用し身体に馴染むパターン、長く着る為の強度有る縫製、後染めでの縮率を考慮し一番良い型になる様計算されたサイズスペック。9種のアメリカ綿で織った生地に合わせたデザインをアメリカと日本で縫製そして、染色方法も使い分けている。
全てにおいてこだわった古き良きアメリカの名品を今に落とし込み、あの時代の「味」を復活させたGood On.
ベーシックでシンプル。だからこそ違いのわかる質と着心地、色と耐久性で経年変化を楽しめるCut & Saw (T-Shirts & Sweat Shirts)
着ればわかるその違い。“ Comfortable Basic U.S.A ” Good On your body !
基本は無地が定番ですが、今回別注したモデルはフロッキープリントを採用。

立体的なプリントと、使っていくと独特な風合いが楽しめるのが特徴です。
また、生地はパイル生地を使用しています。

パイル生地なので秋冬は裏起毛と違い、ゴワゴワしにくく、薄手なので春も着れるのが嬉しいですね。

色は生成りとグレーの2色展開で、生成りはコットン100%で使っていてガシッとした生地で使っていくとどんどん柔らかくなっていくのが特徴です。
グレーの生地はコットンと少しレーヨンがはいっいます。

レーヨンが少し入っていますので、生成りに比べ柔らかく、着心地が良いのが特徴です。
グレーにかんしては少し大きめなので、ワンサイズ下を見て頂いても良いかもしれませんね。
今の時期は勿論、春・秋・冬と3シーズン使えるのも魅力的で何回も言いますが別注ですので気になりましたら是非一度店頭に見に来てください。

2016.03.06Nigel Cabourn

こんにちは!
スタッフ森本です。

今回は新しいブランド「Nigel Cabourn」のチノパンをご紹介します。

まずはブランド説明から

ナイジェル・ケーボンは40年以上に渡ってガーメントデザインをしてきましたが、彼の創作するコレクションは、一般的に「ファッション」という言葉が持つ意味とはほとんど一致しません。

彼はトレンドに左右されることなく、ビンテージクロージングや生地、デザインディテールといったものに対する長年に渡る情熱に突き動かされて創作しているためです。 こういった要素が、何年にも渡って彼のクリエイションの基礎となり、そしてまた現在の彼のコレクションの重要な部分を占めてきたのです。

ナイジェル・ケーボンは1967年から1971年までイギリスのNORTHUMBRIA UNIVERSITYに在籍し、まだ在学中の最終年に自身のブランドであるCRICKET (のちにNigel Cabournと改名)を立ち上げました。

その当時から現在に至るまで、周りの多くの人々のアドバイスに反して、イギリス北部の拠点から動くことはありませんでしたが、それはその寒くて風の強いイギリス北部の環境は、デザインをする上で大きなインスピレーション源となっているためです。そして今では数少ないアウターウェアのスペシャリストとして知られるようになったのです。
ナイジェルがこれまで30年以上かけて収集してきたビンテージクロージングは、今では4000点以上にも及ぶ膨大なコレクションになっています。

その中には、レアなイギリス軍のテストサンプルを含む1910-50年代のイギリスを中心としたヨーロッパ、アメリカのミリタリーウェアやワークウェア、そして探検家が着用した貴重な服等が含まれ、自分で世界中から探し出してきたものばかりです。

毎シーズンの彼のコレクションの土台となっているのは、この増え続けているビンテージコレクションであり、決して特定のトレンドや、一般の人達が求めているものに流されて創作している訳ではないのです。
毎シーズン発表する各コレクションがリアルなストーリーや歴史観、そして完成度を元にしていて、それらをまとめて支えているのが最高レベルのクオリティーの高さなのです。

ナイジェルは、現在もNigel Cabournブランドの原動力として活動しており、自分のチームや協力工場、コラボレーションする企業等と協同してコレクションの創作に携わっています。
さすがNigel Cabourn‼︎
生地やボタンのこだわりは勿論、細かいディテールまでしっかりしております。

カラーは「ベージュ」「ネイビー」「オリーブ」の3色になっており、形はゆるいテーパードがかかっているので幅広くコーディネート出来ると思いますので、是非一度店頭で試して下さい。

12